出会い系サイト規制法は18歳未満の児童を守る法律!遵守するサイト・アプリはコレだけ

出会い系サイト規制法 出会い系の攻略法

出会い系サイト規制法とは、日本国内で運営されている出会い系サイトにおいて、運営者と利用者の両方が遵守しなくてはならない法律です。

正式な名前は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」。

出会い系サイトが登場した平成初期、出会い系を悪用する迷惑会員によって犯罪に巻き込まれる被害男女が数多くいました。

多額請求や架空請求詐欺、未成年による売春買春、違法風俗営業、美人局(女性を利用して因縁をつける恐喝)など。様々な手口が広まり、それによって出会い系の悪いイメージが定着してしまいました。

法律の制定が間に合わなかった時代の出会い系サイトは、犯罪の巣窟と言っても過言ではないほど、やりたい放題の危険地帯だったのです。

この危険な状況を少しだけでも打破するために制定されたのが、出会い系サイト規制法でした。

出会い系サイト規制法の主な目的は「出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護し、児童の健全な育成に資すること」としています。ちなみに児童とは、18才未満の少年少女のことです。(参考:警察庁:あぶない!出会い系サイト:出会い系サイト規制法の解説)

つまり、18歳に満たない子供達が、出会い系サイトを悪用する大人たちに騙されないよう守るために作られた法律なのです。

この出会い系サイト規制法が施行された結果、出会い系サイト・アプリ全体の治安を保つことに寄与しています。成人男女が思いがけずに18歳未満の少年少女に手を出してしまうリスクも低減し、登録に制限を設けたおかげで外部悪質業者の数もグッと下がりました。

出会い系サイト規制法によって、出会い系運営者と利用者全てに安全安心がもたらされたのです。

出会い系サイト規制法は18歳未満の児童を守る法律

出会い系サイト規制法 法律

出会い系サイト規制法の主な目的は、18歳未満の少年少女が出会い系サイト(マッチングアプリなども含む)を利用することを禁止すること。

つまり、児童に対して「出会い系サイトを利用してはいけない」とし、18歳以上の大人に対して「出会い系サイトで児童と関わりを持ってはいけない」としているわけです。

加えて、次に挙げる行為は出会い系サイト規制法違反とされています。

  • 掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みをする
  • 掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みする
  • 掲示板に児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをする
  • 児童が出会い系サイトを利用すること、など

堅苦しい表現でわかりにくいですが、「出会い系サイトを悪用して18歳未満の子供と接触してはいけない」ということ。

18歳未満だと知った上で児童に関わるのは当然NGですし、出会い系サイトで知り合った異性が18歳未満と後から発覚した場合でも、直ちに関わりを持たないようにしなくてはなりません。

出会い系サイト規制法で私たちユーザーが注意すること

出会い系サイト 年齢確認 意味

出会い系サイトを使う中で、私たち会員側が出会い系サイト規制法の影響を受けることはほぼありません。

先ほど挙げたように、18歳未満の異性と関わりを持たないようにすることだけですが、実際のところほとんどの出会い系サイト・アプリは18歳未満の児童が登録できない仕様になっています(日本国内で運営されている出会い系サイト・マッチングアプリで18歳以上の年齢認証が義務化)。

そのため、下調べもせずに適当に選んだ違法サイト・アプリを使わない限りは問題ありません。

そもそも出会い系サイト規制法は18歳未満の少年少女を守るために制定されたため、私たちのような常識的なユーザーにとっては関係がないと言っても過言ではありません。

私たちが18歳以上であれば年齢確認は無事に済みますし、健全な出会い系サイトを常識的な使い方で利用していればこの法律の影響はほとんど受けません。

万が一、サイト内に児童が紛れ込んでいて、「18歳未満だと知っていながら交際を申し込む」とか「性的な関係を迫る」、「性的発言をする」などといった常識はずれな行動をとってしまうと法に触れてしまいます。間違ってもそんな違反行為をすることのないようにしてください。

出会い系サイト規制法に違反した時

出会い系サイト規制法 罰金

出会い系サイト規制法は国が制定した法律です。違反してしまうと、それ相応の罰則が課せられます。

どんな罰則が課せられるかは、状況や内容によって変わってきますが、ユーザー側が違反した時には罰金が多いでしょう。

出会い系サイト規制法では「インターネット異性紹介事業を利用して禁止誘引行為をした者」には100万円以下の罰金が課されることになっています。

禁止誘引行為の具体例として、「出会い系サイトで18歳以下の少年少女と知り合いデートをする」や、「出会い系サイトで18歳以下の児童と性行為をする」などの違反行為が罰金対象となります。

さらに18歳未満の子供相手に性的な行為を行った場合、青少年健全育成条例違反や児童福祉法違反、場合によっては強姦罪などの別の法律を犯すことになるため、逮捕され懲役を課されることもあります。

出会い系サイト規制法による罰則は、「児童と出会うために出会い系サイトを使ったこと」に対してのもの。「児童に手を出したこと」に対する罰則は、その他の法律が対象になってくるので、18歳未満に手を出す違反行為は絶対にやめましょう。

年齢確認がない出会い系サイトは違法です

出会い系 18歳 年齢確認

出会い系サイト規制法では、出会い系サイトの運営企業側に対しても義務付けているルールがあります。

会員が登録する際に、18才以上であることの年齢確認をするように運営側に課しています。

そのため私たちが出会い系で新しくアカウント登録をしても、年齢認証が完了するまでは異性と交流するための機能が使えない場合がほとんどです。

出会い系サイト側が健康保険証や運転免許証などの身分証明書で年齢確認をするように催促してくることがありますが、これは出会い系サイトの都合ではなく国の法律で決まっているからなのです。

そのため、年齢確認するよう促してくる出会い系は、法律をしっかりと遵守して運営している安全で優良なサイトの証となります。

一方で、18才以上であることの年齢確認を全く行っていない危険な出会い系サイトも存在します。

出会い系サイトの運営側が年齢認証を怠るのは法律違反です。サイト自体が国に対して出会い系サイトを運営することの届出もしていない可能性が高いです。

この類の悪質サイトに登録してしまうと、不当請求などの詐欺に遭ったり、個人情報を流出される危険があります。年齢確認されない出会い系サイトには、絶対に登録利用しないように注意してください。

出会い系サイトで18歳未満と関わるリスク

出会い系 援助交際

出会い系サイト規制法の施行によって、18歳未満の少年少女が出会い系サイトを利用し犯罪に巻き込まれることが大幅に減りました。

18歳以上であることを証明するには健康保険証や運転免許証などの身分証明書を使って年齢確認しないといけないため、そう簡単に児童が出会い系のアカウントを作ることはできません。

でも、中にはルールをかい潜り、出会い系サイトに登録し、利用してしまう18歳未満の児童もいるようです。

出会い系サイト規制法が施行された後でも、絶対に出会い系サイトに18歳未満の子供がいないと気を抜くことはできないのです。

この章では、出会い系サイトで18歳未満の少年少女と関わるパターンを3つお話します。

親や兄弟の身分証明証で出会い系に偽装登録

18歳未満の少年少女が親や兄弟の身分証明証を使って出会い系サイトに偽装登録するパターンが最も多いです。

軽い気持ちで出会い系サイトに登録したがる未成年は多く、年齢確認するために自分以外の人間の運転免許証や健康保険証を勝手に使ってしまうのです。

優良と呼べる出会い系サイト・アプリでも、身分証明証の写真を送信するだけで18歳以上であることの年齢確認が済んでしまいます。こればかりは運営側もどうしようもありません。

出会い系をやろうとしている児童が本気になれば、年齢確認を難なくクリアすることは可能なのです。

そのため、我々のような健全な出会い目的で出会い系をやろうとしている人間がすべきことは、メールの最中や出会った時に「子供っぽい」とか「まだ未成年の学生みたい」なんて感じることがあれば、改めて年齢を確認しておくこと。そして18歳未満だとわかったらすぐ連絡を絶つようにしましょう。

出会い系にいる悪質業者による斡旋(あっせん)

出会い系サイトに大量の偽アカウントを量産し、自身が運営する風俗サービスの営業に利用している悪質業者が存在します。

このタイプの風俗業者の多くは、国や警察に届出をしていない違法風俗であることがしばしば。

18歳未満の児童買春を斡旋する闇デリバリー、援助デリバリー業者もいると聞きます。

児童買春の風俗営業とはいえ、出会い系サイト内でのメールのやり取りは業者自身が行っていることが多く、そこで瞬時に業者と見抜くことは困難です。

でも、メールの中でお金のやり取りに関する提案をしてくることがほとんどなので、そうとわかれば連絡を取らないようにしましょう。

やり取りする相手が大人であっても、実際に出会うのが未成年の子供だったら犯罪になります。

もしも出会うまで知らずに、顔を合わせた時の相手が18才未満だった場合は、すぐ断りを入れて連絡を絶つようにしてください。

18歳以上であることの年齢確認がない出会い系サイト

出会い系サイトを運営するためには、利用者の年齢確認が法律で義務付けられているとお話しました。

しかし、無名の出会い系サイト・アプリなどでは年齢認証を怠っているパターンが存在します。

この類のサービスには中学生や高校生、場合によっては小学生などの子供も存在しています。

年齢を偽ってアプローチしてくる相手も存在しているため、危険と隣り合わせの状態です。

これを避けるためには、年齢確認が無い出会い系を絶対に利用しないという単純な方法が最も有効。

誤ってこのような悪質出会い系を使ってしまうと少年少女と関わるリスクがあるだけでなく、不当請求などの詐欺や犯罪の温床になりがちなので絶対に利用しないようにしてください。

掲示板書き込みで出会い系サイト規制法違反になることも

出会い系サイトの掲示板などに18歳未満の児童を誘うような文言を書き込んだだけでも出会い系サイト規制法違反になる可能性が高いです。

児童と交際したり、セックスをしなかったとしても法律で処罰されることもあるため絶対にやめましょう。

例を挙げると、次のような書き込みは即アウト。出会い系サイト規制法違反です。

  • 女子中学生でエッチできる女の子募集
  • デートしてくれる女子高生と知り合いたいな
  • JK、JCで暇な人いませんか

二十歳を超えた女性ならセーフですが、18才未満の女の子に対して募集をかけた時点でアウトです。

反対に、児童の方から「彼氏募集中です」とか「お小遣い欲しい」、「プリペイドカードがくれる方と会いたい」と募集をかけるのも法律違反。

出会い系サイト規制法は、成人男女だけでなく、少年少女に対しても適用されます。

たとえジョークで書き込んでいたとしても、警察が発見したり、誰かが通報したりすれば即逮捕です。成人に対しては100万円以下の罰金が課せられ、児童は家庭裁判所行きという罰則が課せられます。絶対に違法な書き込みはやめましょう。

SNSで児童を誘うのは出会い系サイト規制法違反ではないが犯罪

SNS 18歳未満の児童

出会い系サイト規制法はSNSには適用されないことになっています。対象は「インターネット異性紹介事業」になので、ツイッターやフェイスブックなどのSNSは適用されません。

かといって、SNSで児童を誘い性行為に至ること自体が犯罪になり得るので注意が必要です。

実際のところ、今は出会い系サイトよりも、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、児童絡みの性犯罪が多発しています。

出会い系サイト規制法によって出会い系での児童買春は減少しているようですが、一方でSNSでの性犯罪が増加傾向にあります。

ひと昔前まで、出会い系サイトは児童買春の巣窟だなんて言われていましたが、最近ではツイッターなどのSNSの方が児童買春に利用されやすい環境になってしまいました。

18歳未満と知ってか知らずか、性的関係を持ち、後々逮捕という事例も後を絶ちません。

未だにTwitterなどのSNSを出会い系サイト代わりに使っている男性も多いですが、未成年と関わり合いになってしまう危険が高いということを今一度頭に叩き込んで欲しいと思います。

思いがけずに犯罪を犯してしまうリスクをなくしたいなら、危険なSNSではなく、年齢認証をしっかり行っている安全な出会い系サイトを利用しましょう。

18歳未満の少ない安全な出会い系サイト

法律守る安全な出会い系サイト

出会い系サイト規制法に違反しないためには、「年齢確認」のしっかりしたサイトを利用するのが一番です。

また、運営側が24時間体制でしっかりとサイト内を監視しているようなセキュリティ性の高い出会い系サイトなら安全性も増すでしょう。

明らかに18歳未満だと思われるアカウントを即座に停止させてくれる運営がいれば、思わぬ事件に巻き込まれずに済みますよね。

このサイトでは、18歳未満と出会うリスクの低い、おすすめの出会い系サイト・アプリを紹介しています。年齢確認もきちんと行っている、セキュリティ性もしっかりしたサイトで出会いを楽しんでください。

出会いや恋活だけでなく、真面目に婚活したい方にも適したサイトも紹介しています。18歳未満が登録利用するのはほぼ不可能という安全性の高いサイト・アプリもあるのでチェックしてみてください。

コメント